『出生前診断と選択的中絶のケア』刊行記念セミナー|日常診察で妊婦・家族ときちんと向き合うための基本がわかる

出生前診断のニーズが高まるなか、検査を希望する妊婦さんと接するスタッフには適切なかかわり方・あり方が求められます。また、検査の結果、やむを得ず中絶を選択した妊婦さんに、医療者はどのように寄り添い、支援を行えばよいのでしょうか?

『出生前診断と選択的中絶のケア』刊行記念セミナーでは、講師の著書『出生前診断と選択的中絶のケア』をもとに、とくに助産師・看護師が知っておくべき知識とケアについて解説します。また、周産期に関わる、ご興味のある心理士の方もぜひ聴講ください。

 

 

日時:2021年9月23日(木・祝) 10:00~11:00
対象:助産師・看護師(産婦人科病棟)・遺伝カウンセラー・研修医・医師ほか
定員:先着500名
参加費:無料

※後日、アーカイブも公開いたします。
※開始時間の10分前から入室可能です。
※ミーティング参加時は音声ミュートでお願いします。
※当日は、Zoomウェビナーを使用します。インターネットに接続可能なスマートフォン、パソコン、タブレットをご用意ください。
※インターネット接続にかかる通信費は参加者負担となります。

 

◆講師
室月 淳
宮城県立こども病院 産科 部長/東北大学大学院 医学系研究科先進成育医学講座胎児医学分野 教授

 

◆講師からのメッセージ
流死産や人工妊娠中絶といった妊娠出産にかかわる「死別」は、当事者に深い悲しみのほかに怒り、後悔、罪悪感といったさまざまな感情をもたらします。その影響は長期にわたって心理的、身体的にさまざまな反応を起こすため、ていねいなフォローが必要となります。こういったことは最近詳しく知られるようになりました。

しかし、このような体験は本人のみならず、なによりわたしたち医療者にとってもたいへんエネルギーのいる作業であることが見すごされがちです。悲しみや不安の感情を無理やり押し殺してケアを続けていれば、いつか耐えられなくなるときがくるかもしれません。すなわち燃えつき(バーンアウト)です。

『出生前診断と選択的中絶のケア』では「スタッフケアの重要性」の章でこのことを取り上げてまとめましたが、今回いただいたこの機会を生かして、もう少し詳しく論じてみようかと思っています。ぜひ受講ください。

 

◆ご質問募集!
出生前診断のことやパートナーへの具体的な支援方法など、なんでもご質問ください。
セミナーの中で取り上げます。

※お申し込み後に入力フォームをご案内いたします。

 

◆書籍のご案内

出生前診断と選択的中絶のケア
日常診療で妊婦・家族ときちんと向き合うための基本がわかる
4種類の患者さん説明シート WEBダウンロード付き
本セミナーは、講師の著書『出生前診断と選択的中絶のケア』をもとに、とくに助産師・看護師が知っておくべき知識とケアについて解説します。こちらの書籍を事前に読んでおけば、セミナーの理解がより深まります。ぜひお手元にご用意ください。

詳細はこちら

・定価:2,640円(本体+税10%)
・刊行:2021年3月
・サイズ:B5判
・頁数:144
・ISBN:978-4-8404-7521-1
 

【本セミナーに関する問い合わせ】
株式会社メディカ出版 周産期書籍係
E-mail k2-group@medica.co.jp

関連記事

ピックアップ記事

2021-9-12

第4回公認心理師試験自己採点システム

本サイトについて

公認心理師になるには

求人情報の掲載を希望される方はこちら(無料)

本サイトへの広告をお考えの方はこちら

ライター希望の方はこちら

ページ上部へ戻る